その転職、ちょっと待って。

20代の頃、ベンチャー企業に憧れていました。
新卒で勤めた会社はリクルート系だったため、
今思えば1年目からかなり仕事を任せて、
自由にやらせてもらっていたと思います。

それでも1年勤めた頃から「小さな会社で社長の近くで仕事をしてみたい」
という想いが強くなり、丸2年勤めて転職をしました。

転職先は地方の特産品を扱う小さな商社。
大手商社出身の40代の社長が立ち上げ、
社員5人ほどが働く会社でした。

はじめて面接に行ったときから取引先の高級レストランに連れて行ってもらい
「営業部長」という肩書きで給料も大幅アップをするとの申し出に舞い上がり、
家族にも相談せず転職を決めました。

あれ?と思ったのは入社した日、
面接のときに案内をしてくれた採用担当者が
いなくなっていました。

聞けば「退職した」とのこと。
でもそのときは初めての転職だったこともあって
「そんなものかな」と思っていました。

その後、仕事が始まってから、社長のワンマンぶりや、
法律すれすれの取引をしていることが分かりました。

職種は違いますが、参考になる記事を発見しました。
看護師のパワハラ対策相談室

ベンチャーではそんなことがあることが仕方ないとは思うものの、
あまりにも条件が良かったり、早期の入社を促す場合は、
何かあると思った方がいいかもしれません。

転職のモチベーションを維持するには前職の仕事をやり切ることが大事

私は、30歳の時に一発奮起して転職をしました。
以前、努めていた仕事は大学を卒業と同時に
勤めた会社で銀行マンをしていました。

来る日も来る日もお金と睨めっこの日々に
少し嫌気が指していた私は、30歳にして転職を決めたのです。

転職を考えた時に、最初に考えたのは、
次の職場を探すことも大事ですが、今の職場(前職)に
迷惑をかけないように退職したいという思いがありました。

だからこそ、人の少ない時期ではなく、割と余裕のある時期を選び、
引き継ぎもしっかりと行った上で退職をしたのです。

その努力もあってか、前上司からは
「最後まで本当に頑張ってくれたね。次の職場でも頑張って」と
褒められた時は非常にうれしかったのを今でも覚えています。

その言葉もあって、私は転職への意欲も更に湧きました。
きっと、退職する職場だからどうでもいいやと手を抜いて仕事をしていたら
円満退職なんてできずに、後味悪く終わって転職にも支障をきたしていたかもしれません。

面白いサイトを見つけました。
http://xn--0dtx5c2z4brvs.com/職種は違いますが・・・

そういった意味でも転職する次の職場選びも非常に大事ですが
「転職するぞ」というモチベーションを維持する為にも今いる職場の仕事を全うし、
やり切ることが次につながるんだなと身を持って感じることができました。

未経験分野の転職を考えている場合は長期化する事を把握する

転職を考えている人の中には、
今まで経験した事がない分野で活躍したい、
気になる分野があるけど経験がないという事もあります。

このように、未経験分野の転職に挑戦する人は、
転職活動が長期化する可能性がある事を把握します。

採用担当者も中途採用の場合は、
経験をある程度重視して選ぶ事が多いです。

つまり、未経験者を採用する可能性が低くなりますから
その分あなたが苦戦する可能性が高いです。

特に応募者が多い場合はその中に経験者がいれば
経験者を中心に採用者を決めていく事が多いです。

以上のような事を考えると長期的に
転職活動できる状況を作る必要があります。

参考になりそうな記事をみちけました。
看護師退職届(願)の全てがわかる

もし、仕事を辞めて転職活動するのなら
そのために資金を十分に確保しておきます。

仕事がしばらく見つからなくても
生活できる生活費は大事です。

できれば、今の職場を辞めずに転職活動するのが良いです。
また、少しでも長期化するのを防ぐためにはあなたが目指す職業に
関係がある有力な資格を取得しておく事も大事です。

資格取得は、早い段階から情報収集して
取得しておくのがお勧めです。

資格によっては取得するまでにかなりの時間が必要になりますから
資格を取得してから転職先を探すようにします。
このように未経験分野の転職はさまざまな事を考える必要があります。

結婚適齢期の転職は難しい

今は女性も結婚してからも働き続ける方が多いと思います。
私の経験上、結婚する前でも結婚適齢期に転職はしない方がいいと思います。
なぜなら、結婚して辞めてしまう人や出産をするため産休に入る人がいるからです。

そのつもりはなくても会社側としてはそう見てしまいます。
私も独身の時、30歳で転職しようと就職活動をはじめました。

もちろん正社員で探していましたが、面接に行く会社のほとんど
「結婚の予定は?」とか「結婚しても働き続けるの?」とか言われました。

私はその時は結婚の予定は全くなかったので、
働き続けたいと伝えました。

しかし、他に希望者がいてもっと若い人がいたら
そちらの方を採用してしまいました。

結局その時は正社員ではなかなか見つからなかったので、
結局契約社員で募集している会社に面接に行きました。

ちなみに参考になった記事です。
看護師転職サイト 職種はちがいますが、参考になりました。

同じような質問はされましたが、
1年契約更新だったため採用されました。

会社の雰囲気はとてもよかったですが、
給与面がとても低く賞与なども出なかったです。

もし30歳前後で転職を希望している女性の方が
いらっしゃったら、少し考え直してほしいと思います。

資格など持ってる方なら大丈夫だと思いますが、
なかなか正社員で見つけるのは難しいですよ。

仕事のブランクがある場合の対処

私も仕事のブランクがあった事がありその時には
どうのようにすれば採用されやすいのかを考えた事がありますが、
その時に実行した対策をお話していきます。

転職活動を考えているけど、前の職場を辞めてから
しばらく時間が経過している事もあります。

病気や怪我などによって数カ月や数年ぐらい
ブランクがでてしまう事もあります。

そこで、1つの対策としてはブランク期間は多くの場合は
その詳細について面接で質問される可能性があります。
そこで、きちんとその理由を説明できるようにしておきます。

病気や怪我になっていた場合は、その詳細などを説明して
働けなかった事を伝える事です。

しっかりとした理由があれば採用担当者も
そのブランク期間をあまりマイナスにとらえない可能性があります。

ちなみに参考になりそうなホームページをみつけました。
http://xn--f9j7c366o01u4uwjrf.net/

また、ブランクがある時の転職は
今まで経験した事がある業種を選ぶ事です。

未経験でしかも仕事のブランクがあると採用担当者も不安になりますが、
経験があれば多少のブランクがあってもその経験を重視してくれる可能性が
あり採用の可能性が高まります。

経験は、このような状況でもプラスに
作用されますからあなたの1つの武器になります。
この2つの対策は大事になりますので覚えておきます。

看護師転職の狙い目は年末から年明け1月末頃まで!?

これまでの自分自身の経験からも、看護師転職を希望するのでしたら、
年末ぐらいには求人情報をチェックしはじめるのがいいと思います。

とくに、公立病院への就職を希望して、「公務員看護師」を目指すのならば、
なおのこと年末ぐらいからこまめに求人情報をチェックするに限りますね。

なぜなら、その理由はもはや言うまでもなく、自治体からの求人は
年末から年明けの1月末頃の間によく出されているからです。
4月採用を見込んでの求人募集ですからね。

2月には採用試験が行われますので、
当然募集は12月末から年が明けて1月末頃になるでしょう。

ですから、看護師転職のなかでも「公務員看護師」を希望するのでしたら、
12月末から年が明けて1月末頃までは、こまめに自治体のホームページを
チェックしておくのがいいでしょう。

ハローワークで求人検索をしてもいいのですが、
自治体が募集を出すのはまずは自分たちのところの
ホームページからという傾向がありますから。

自治体のホームページで募集をかけても集まらなかった場合に、
ハローワークに求人を出す自治体もありますから、
求人検索の第一段階でハロワを使うのは避けておいた方がいいかも知れません。

ここで、おすすめ記事です!
看護師履歴書書き方必ず必要になるものです。

それよりはまず、自分が就職したい自治体のサイトを
チェックしてみるといいでしょう。

ちなみに、自治体採用だけに限らず、
看護師転職の場合は面接試験のみの採用試験のところが多いですから、
筆記試験対策をしなくていい分、気持ちの上では楽でしょうか。

転職は慎重に考えた方が良い

転職というのは慎重に考えた方が良いと思います。
最近は大学に出て就職した会社に3年以内に辞める人が多いと聞きます。

私も新卒で入った会社に一日目で嫌になりました。
自分で選んだ会社なのに会社の雰囲気が
なんとなく合わないというのはありました。

面接などではあまりわからなかった
私の甘さだと思います。
一日目にして転職はいつかしようと決めました。

そこで、参考になるサイトを紹介します。
看護師を辞めたい気持ちわかります!思わず読んでみました。

でも合わないと思っても,
特に新卒はすぐに辞めないようにしましょう。

その会社で得られるという事は沢山あります。
ましてや新卒など社会人のイロハもわかってないのですから・・
会社はあなたを育てるのにお金をかけているのです。

お金を頂くという有難さや辛さなどは,
学生時代には味わったことない事だと思います。

アルバイトなら経験があると思いますが,
正社員で働けることの幸せをまず感じて欲しいです。

私の経験ですが,石の上にも3年です。
私は3年は頑張ろうと思いました。

今考えるとその会社でも社会人としての礼儀や厳しさ・・
そして理不尽さなども教えて貰えました。

私は3年半勤めてから会社を転職しましたが,
とても上手くいきました。
お給料も上がり環境も良くなりました。

でもそれは最初の会社で色々なことを教えて貰ったからです。
そして転職先も私が1か月で会社を辞めるような人間ならば
採用しなかったと思います。

ブラックな会社で身体を壊すような働き方なら
3年頑張れとは言いません。

お金を貰うということは辛さや理不尽さ人間関係の大変さを味わった対価だと考え,
転職を考えながらも今の会社で得られることが沢山あると知っておきましょう。